ブログ

認定低炭素住宅について

こんにちは(*^_^*)

 

皆さんは、長期優良住宅という言葉を聞いたことはあると思います。

 

では、認定低炭素住宅という言葉は聞いたことありますか?

 

 

 

国は今、低炭素社会を作ろうとしています。

 

低炭素=二酸化炭素(CO2)が少ないという事ですね。

 

2012年12月に低炭素住宅の認定制度はスタートしました。

 

 

 

 

 

低炭素住宅とは?

 

建物の断熱性に加え、給湯や換気、照明など住宅設備の効率を高め、

 

省エネ法の次世代省エネ基準に比べて一次エネルギー消費量が10%減らせると

 

認められた住宅のことです。

 

 

img_lowcarbon01

 

 

これにプラスして、

 

太陽光発電やHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)の導入、

 

節水対策、木材の利用、壁面緑化などのヒートアイランド対策など。

 

これらの措置をし、国がOKを出したら

 

認定低炭素住宅となります。

 

 

 

img_lowcarbon02

 

 

 

 

 

 

難しそうですが、そこまで難しくありません。

 

長期優良住宅と同じく、国からのお墨付き(認定書)を頂く。

 

CO2の少ない家を建てたら、国がその分いろいろ優遇するよ~という事です。

 

今ならさまざまな税制優遇や、フラット35Sの金利優遇などなど。

 

 

 

 

 

 

国交省は低炭素社会に向けた住まいについて「ロードマップ」を作成しています。

 

それによると、、、

 

2020年には省エネ法適合義務化

 

(省エネな家じゃないと建てちゃダメ)

 

 

 

2030年には新築住宅の平均でZEH(ゼッチ)化

 

(新築の半分は自分で使うエネルギーは自分で作らないとダメ)

 

となっております。

 

 

classroom_121010_1

 

 

 

 

イエリも全力でこれを取り組んでいます。

 

今回はよく分からない方も、そんなのあるんだ、ふ~んくらいで大丈夫です。

 

いずれは、原子力に頼らず、自家発電する家を増やし

 

CO2で大気汚染される社会をなくそう!という流れを作り出しているということです。

 

 

 

 

ではまた。

 

By 中川えり