ブログ

ZEH(ゼッチ)意識調査

こんにちは(^_^)/~

 

今日はZEH(ゼッチ)の記事のご紹介です。

 

 

 

 

国を挙げたゼロエネルギー住宅(ZEH)普及の取り組みが進む中、

 

自宅をZEH仕様にしようと考えている人は増えているようですね(^_^)

 

2030年には新築の過半をZEHにする!!と国は目標を掲げています。

 

 

 

新建ハウジングが実施した注文住宅予定者を対象に実施した意識調査では、

 

全体で8割弱がZEH化を前向きに検討し、前回調査時から5ポイント上昇しているそうです。

 

 

 

 

 

28f6aaba79094d237791b49de249bcdc

 

 

 

 

 

若い人が多い「土地なし層」のほうが前向きな人の割合が多い傾向は今回も変わらないが、

 

前回、37%がZEH化に否定的だった「土地あり層」でも、今回は否定派が26%となり、

 

ZEH意向は10ポイント超上昇。

 

 

 

 

時代の流れにより(?)確実にZEH肯定派が増えている実態が分かります。

 

2030年は遠い未来ではありません~。すぐそこへ来ていますよ。

 

「自分で使うエネルギーは自分で創る」

 

そんな家でこの国で溢れたら、地球温暖化、原発問題・・・

 

地球の環境問題はどれだけ改善されているだろう・・・

 

私たちの子どもや孫に何が残せるだろう・・・

 

省エネ+創エネのハイブリッド住宅は当たり前の時代の到来ですね。

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

調査概要

対  象:2017年9月末までに注文住宅建設の具体的な計画がある全国の27歳~65歳の男女
調査時期:前回2015年10月23日~26日、今回2016年2月1日~3日
     インターネットによるアンケート調査(楽天リサーチ)

※新建ハウジング2016年1月30日号の紙面から

 

 

 

By中川えり