ブログ

イエリの家で温度調査をしました!

イエリの中川です。

 

お客様のお宅で、温度を調査したのでレポートします。

 

測定したのは、壁の表面温度をエコーで測定するマシーンです。

 

 

 

測定日は・・・平成29年8月11日 真夏日・超晴れ。

 

p8060643

 

それがこちら!

 

たまにこのブログで出てくるやつです。

 

エアコンは1F 1台(10帖用)

 

2F 1台(6帖用)

 

の計2台を設置し、どちらも稼働しています。

 

家のサイズは35.5坪(約70帖)

 

 

これはLDKのダイニングの天井です。23.4℃。

 

夏の暑い空気は上へ上昇し、エアコンで冷やされた空気は下へ下降。

 

エアコン設定温度は見学会でしたので、低めに設定。

 

1F 22℃、2F 24℃です。

 

p8060645

こちらはLDKのキッチンの床。

 

LDKが25帖、LDKに6帖の吹抜けがあり、

 

広がり的には2Fのフリースペース8帖と

 

合わせると40帖以上の空間ですが、

 

1台のみのエアコンで

 

23.3℃。

 

 

 

温度ムラがほとんどない。

 

場所によっての温度差が少ないのがイエリの家の特徴です。

 

p8060646

こちらはキッチンの天井部。

 

23.2℃。

 

床との温度ムラがありません。

 

通常、頭寒足熱が良いのですが、

 

空気の温度移動で一般工法の住宅では

 

足元が冷えて、頭元が暑くなるのがふつう。

 

この家は上下の温度差が0.1℃で快適。

 

どんどん進みます。

 

p8060641

こちらはLDKから見た吹抜け天井部。

 

一番暑い空気があがる場所です。

 

23.9℃。

 

床面と0.6~0.7℃の差しかありません。

 

こちらは、ファンを設置し、

 

逆回転で空気をかくはんさせているというのも

 

温度差が少ない要因です。

 

続いて2Fへ。

 

2Fは35帖を6帖用エアコン1台のみ稼働しています。

 

足りないんじゃないか?とよく言われますが

 

高気密・高断熱なので十分足ります。

 

p8060662

 

こちらは2F 一番奥の寝室の収納

 

ウォークインクローゼットです。

 

23.5℃

 

1Fとほとんど温度差がありません。

 

これが快適性に繋がります。

 

 

 

 

続いて、寝室の天井。

 

p8060661

 

こちらは24.9℃。

 

やはりエアコンから一番奥の部屋の天井は

 

一番空気がこもってました。

 

それでも1Fの床面と最大1.5℃差。

 

暑さはまったく感じません。

 

 

 

 

このように、測定の結果では上下の最大温度差が1.5℃

 

部屋間の温度差は1℃以内でした。

 

これを小さなエアコンがゆるゆるとしたパワーで働いて保っています。

 

ちなみに、翌日はもっと冷気が保温され、もっとエコに働きます。

 

すきまが少ないので、熱が逃げていかないからです。

 

変わった事をしているのではなく、大工さんが丁寧にすきまを埋めているからです。

 

光熱費が少なくて家計にもエコ。

 

温度差がないことは体への負担も少なく、体へもエコ。

 

 

 

現在、暮らされているお施主さまは2Fのエアコンのみを稼働されていらっしゃいました。

 

こんな8月の夏の日でも家で1台のみで十分すずしい。

 

 

 

測定するのは・・

 

家を建てる前のシミュレーションと、実際の暮らしが適合しているか知るためです。

 

私は「図現暮一致(ずげんぼいっち)」をモットーにしています。

 

図・・図面(シミュレーション)

 

現・・現場

 

暮・・暮らし

 

が一致してこそ、事前にシミュレーションをする意味があります。

 

一致しており、安心しました。

 

お施主さま、また冬に測定させてください。

 

ありがとうございました。

 

 

By 中川えり