ブログ

現場レポート&基礎断熱工法について!

こんにちは!イエリの新原です。

 

今日は次なる広島市東区の現場の配管でした。

 

 

水曜に土台を敷くので

 

その前に配管を基礎内に

 

設置します 😎 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑い中、お疲れ様です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

😉

 

イエリでは「基礎断熱」と言われる方法で基礎を断熱しています。

 

上の写真ではまだ施しておりませんが、

 

外周部ぐるり+基礎立ち上がり部分を断熱し、

 

基礎の内部は室内環境となっております。

 

↓写真参照

 

 

こうすることで

 

基礎を伝ってくる熱を

 

シャットアウトしています。

 

この断熱材と束や接続部の隙間は

 

ウレタンフォームで

 

ふさいでます~ 😉 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで

 

束は鋼製束を使っています。

 

熱の越境部になる部分は

 

徹底的にウレタンです。

 

コンクリートは熱伝導率が高いので

 

そこからシャットアウトした方が

 

住宅の熱の遮蔽には良いかと思っております 😛 

 

 

 

 

 

 

風呂の下部はすべて

 

断熱材で覆っております。

 

50mmのウレタンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という感じで

 

イエリの家の基礎は断熱されております。

 

この「基礎断熱」と相反しまして、

 

よくある工法としましては、

 

「床断熱」があります。

 

床材のすぐ下に断熱材を敷いている工法です。

 

この場合、基礎内部は外部空間となります。

 

🙄

 

基礎断熱することで、

 

冬→暖房された空気

 

夏→冷房された空気

 

が自然と基礎内部を行き来し、

 

冬の足元の底冷えを防ぎます。

 

常に基礎内部を24時間換気しているので

 

土台などの腐食も押さえ、構造体の長持ちにもつながると考えております 😉 

 

😉

 

実際に、過去にLDKをタイル張りにされたお客様がいらっしゃいますが

 

実際に冬でも裸足で過ごしていらっしゃいます♪

 

私も伺って歩きますが、非常に快適!

 

LDKにタイル・・アリですね!!

 

😕

 

基礎内部の温度環境は

 

何軒かOB様に測定させて頂いたところ

 

14-16℃を一定に保っていることが多いです。

 

なので、床下に梅干しやぬか床を保存しないようにお願いしとります(笑)

 

 

 

←こちらの「おんどとり」

 

でOB様宅の至るところの

 

温度と湿度を測定しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎内部の温度データはこうして

 

実データを元にしております 😉 

 

建てる前のシミュレーションと

 

完成した後の暮らしが「一致」しているか

 

確認しているのです 😎 

 

 

 

😎

 

今日の現場はこれから土台敷き→上棟となります。

 

とにかく台風が心配です・・

 

どうか良いように進みますように・・

 

😎

 

ちょっと小話・・

 

先日、雷が鳴った時

 

恐れおののいていた我が家のアイドル

 

チワワのねりちゃん(13才)の甘え方がこちら 😀 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かわいいです。

 

By 新原えり