イエリの仕様と性能

はじめに なぜイエリは高性能住宅にこだわるのか

国の定める指針(ロードマップ)の変化

国は2020年には「平成11年 次世代省エネ基準」を新築全棟での義務化を目指しています。今までの省エネ基準では、省エネ等級4が最も省エネで
あると位置づけていましたが、2020年には最低限満たさなければならない基準になります。そして2030年には新築住宅の内、過半でZEH※としなけ
ればならないという指針が提示されています。簡単に申しますと2020年に「今までの最高基準」が義務化され「最低でも満たさなければならない基準」
になり、2030年には新築の半分以上が「ZEH」でなければ建てられなくなります。未来でも価値ある住まいであるために、当社では今からそれらの
基準を満たす家づくりに取り組んでいるのです。

※ZEH(ネット・ゼロエネルギー・ハウス)とは、太陽光発電などの創エネルギーを用いることで、自宅で使うエネルギー収支が概ねゼロとなる住宅のこと

知っ得!

2020年以降は「次世代省エネ基準」以上の性能の義務化が決まっています。

国の定める指針(ロードマップ)の変化国の定める指針(ロードマップ)の変化
「高気密・高断熱」が生む快適な暮らし

性能報告書について

「高気密・高断熱」が生む快適な暮らし

国の定めた基準を満たす家づくりに必須な要素の1つが「高気密・高断熱」です。
この「高気密」「高断熱」という言葉を耳にすることも増えてきましたが、一体どういうことなのか…みなさんご存知でしょうか?

高気密・・・「すき間が少なく、熱が逃げないよう密封されていること」

高断熱・・・「断熱材を充填し、熱の移動を少なくしていること」

魔法瓶をイメージしてみてください。魔法瓶は真空断熱材といわれる本体に、フタをきちんと閉めてすき間を少なくすることで保温されています。
真空断熱材とは内外の2つの断熱材の間が真空になっており熱が伝わりにくい断熱材のことです。また、フタが少しでも開いていれば気密性が損なわれ、温かいお茶は冷め、冷たいお茶はぬるくなります。
魔法瓶のように家で「夏は涼しさを、冬はあたたかさを」保つためには、この「断熱と気密」がセットであることが大切なのです。

当社では一棟ごとに断熱性能を計算し、気密測定を実施しています。
「平成25年 改正省エネ基準」以上の断熱・気密性能を標準仕様とし、お引渡の際にそれらの性能数値が記載された「性能報告書」をお施主様にお渡ししています。
「この家は高性能ですよ」という言葉だけでは終わりません。