イエリに出来ること

3.補助金・税制優遇制度利用サポート

新しく家を建てる際、様々な補助制度があるのをご存知ですか?
決められた基準をクリアすることで申請が可能になる制度がほとんどのため、設計段階からしっかりと計画・対応していくことが必要です。
イエリの家はそういった様々な基準や要件を標準でクリアした家なので安心。申請手続きについてもしっかりサポートします。
例えば長期優良住宅の場合・・・
住宅ローン減税の限度額が、一般住宅4000万に対し長期優良住宅は5000万になります。(2016年度)
住宅ローンの固定金利であるフラット35のフラット35Sが受けられます。
当初10年の金利が通常のフラット35からマイナス0.3%!
その他登録免許税や不動産取得税、固定資産税の控除も!

ZEHや低炭素住宅についてもそれぞれ優遇制度があります。
年度ごとに変更があり、期限付きのものもありますので詳しくはお問い合わせください。

ロードマップに従ったイエリの家づくり

国の住宅認定制度である長期優良住宅、低炭素住宅の認定取得を当社では積極的に取り組んでいます。
国が目指すロードマップに沿った家づくりは当社の家づくりの基本です。
これらの認定を取得することで、補助金への採択や税制優遇を受けられます。

1.「長期優良住宅」

長期優良住宅とは、「きちんと手入れして、長い間良好な状態でいられる住宅」です。厳しい6つの性能要件を満たし、建築後の維持保全をきちんと行う住宅が認定を受けられます。

2.「認定低炭素住宅」

認定低炭素住宅とは、「外皮性能の省エネ基準への適合に加え、一次エネルギー消費量が省エネ基準よりも10%削減され、低炭素対策を採用している住宅」です。CO2排出を抑え、地球温暖化防止に貢献する住宅として注目を集めています。

3.「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」

高断熱性能、高性能設備機器と制御機構などとの組み合わせによるゼロエネシステムの導入により、年間の一次エネルギー消費量がネットで概ねゼロとなる新築及び既築住宅。国は2030年にはZEHを新築の過半を占める標準的な住宅にすることを目標に掲げています。これからの時代に求められるのは、省エネ+創エネによるゼロエネ住宅です。

新築住宅の新基準!ネット・ゼロ エネルギーハウス