ブログ

断熱性能シミュレーションを行いました!

こんにちは!中川です。

 

 

 

オリンピックに高校野球にもーぅ忙しいですね!

 

毎日が感動と悔し涙です。ミーハーです。

 

しかもお盆に入りますね。

 

私も明日から義実家の徳島県に向かいますので片道4~5時間・・・。

 

がんばります・・・。

 

 

 

 

 

*****ところで話しは変わりますが、

 

先日講習を受けた外皮性能の断熱性能シミュレーションを早速試してみました!

 

 

 

本来、住宅の性能値は間取りを書いて、窓や断熱材などの仕様を決めて、

 

はじめて分かるというものでしたが、

 

このシミュレーションは目標の性能値を決めて、仕様や間取りに落とし込むというものです。

 

 

 

 

つまりは、出たとこ勝負ではなく、きちんと断熱をデザインすることで

 

性能を満たした住宅になるという訳です。

 

 

 

 

 

ちょうど図面を作成していたので、早速 断熱性能シミュレーションを行ってみましたところ

 

なんと・・・(ー_ー)!!

 

予測UA値=0.52 換算Q値=1.73 

 

でした!!!

 

 

image1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般の方には「この数値が良いのか悪いのか分からない」方も多いと思います!

 

このUA値、Q値は共に、今後満たしていかねばならないZEH基準をクリアしている

 

省エネ住宅であるといえます!

 

 

 

 

 

2020年以降、満たさなければならない次世代省エネ基準はQ値=2.7と言われていますが

 

今後はさらに厳しい基準のZEH基準 UA値=0.6以下(広島Ⅵ地域)を満たす住宅が

 

スタンダードになっていくと思われます。

 

となると、UA値=0.6の換算Q値=1.9以下も当然満たしていかねばならないと思われます。

 

 

 

 

窓を大きくとりたい場合は断熱材を変更したり、窓の仕様を変更します。

 

暮らしやすさも考えて、南面から日射が十分に入る計算も併せて行ってみます( ^)o(^ )

 

採光・通風・断熱デザインまで考慮して検討していきます!

 

 

 

 

省エネルギーに寄与しながら、高い室の室内環境を実現する家づくり。

 

もっと良い提案ができるように、さらにパワーアップしていきます。

 

 

それでは良いお盆を!

 

 

 

By 中川えり