BLOG

ブログ

断熱性能Ua値について考えてみる

ブログ

こんにちは!イエリの新原です。

 

先週は1組、今週は2組の方のプランの作成と見積りを作成していました。

 

ありがたいです~ 🙄 

 

 

イエリでは1プラン・1見積りまでを無料で行っておりますが、

 

そのプランでの断熱性能Ua値を計算して、合わせてご提出してます。

 

実は住宅は設計の時点で、

 

家の断熱性能Ua値を出す事ができるんですよ。

 

↓沢山の計算をして、こんなものが出来ます。

 

 

※ここからちょっと難しい話をします・・ 😯 

 

今までイエリの標準仕様で、断熱性能Ua値は0.48-0.53くらいが平均でした。

 

「HEAT20」でいうG1グレード(Ua値0.56以下)に位置していました。

 

広島市では、Ua値0.87以下であれば、省エネ住宅であると言えます。

 

が、それよりもっと性能向上を目指す「HEAT20」という考えのもと

 

今のイエリの標準性能であるG1グレードを超える省エネ性能を持つG2グレード(Ua値0.46以下)を標準にしていこうと考えています。

 

 

 

広島は地域区分「6」

 

断熱等級4で0.87以下

 

ZEH基準で0.6以下

 

HEAT20/G1で0.56以下

 

HEAT20/G2で0.46以下

 

 

 

G2グレードはこれから世の中のスタンダードになる。

 

さらなる断熱化するにはどうしたら良いか考え、計算してみました。

 

😮

 

・窓の複層ガラス間の乾燥空気をアルゴンガスにしてみる。

 

・窓の複層ガラスをトリプルガラスにしてみる。

 

・窓をアルミ樹脂複合サッシから樹脂サッシにしてみる。

(窓全部とは言わないものの、大きい面積になる掃き出し窓だけでもしてみるとか)

 

これらを計算してみると、

 

分かったことがあります。

 

断熱材を厚くするのが一番コスパ良い。窓はコスパ悪い。

 

 

イエリでの壁の断熱材65mm85mmにする(2cm厚くする)のが

 

一番コストを抑えて、Ua値を約0.05下げることができました。

 

Ua値0.46だったら0.41になりますよ 😀 

 

(これは地味にすごい!!)

 

何軒か計算してみて、断熱材を100mmにするのと、85mmにするのはそこまで変わらなかった。

 

窓の変更も、約0.01とか0.02しか変わらなかったので、

 

家の外皮面積における壁の面(断熱材の面)はやはり大きいんだなと思いました 😉 

 

 

最近は家の性能について、詳しい状態で来社される方が増えているな~と

 

実感してます。

 

Ua値・C値は当然知っている、という人が多いです。

 

ですが、HEAT20についてはまだ知られていない気がします。

 

今日はちょっとマニアックな話になりましたが

 

イエリは従来の標準であるHeat20 G1グレードをG2グレードに引き上げ、

 

冬に暖房を切っても15℃を下回らない快適なお家づくりをスタンダードにし、

 

未来のお客様のために日々研究して発信していきたいと思います!

 

 

Ps・・・難しかったですよね・・?

 

難しかった方は、とりあえず良い家そう!と

 

思って頂ければ何よりです・・

 

一緒に勉強していきましょう。

 

デザインも頑張ってますのでそちらも要チェックお願いします~ 😛 

 

By 新原

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る

TEL

トピックス

お問い合わせ